コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘーバーリーン Häberlin, Paul

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘーバーリーン
Häberlin, Paul

[生]1878.2.17. ケスウィル
[没]1960.9.29. バーゼル
スイスの哲学者,心理学者,教育学者。初めベルリンで,次いでバーゼルで教えた。「私は在る」という根源真理の解明に努め,存在者が唯一の実体であり,諸個体の呈する機能的で調和のとれた多様性は,この実体の様態であるとした。世界は神によって創造されたが,神の存在様式は絶対的に知りえず,また,真の知識と真の信仰とが一致することをも強調した。主著"Der Charakter" (1925) ,"Allgemeine Ästhetik" (29) ,"Der Mensch" (41) ,"Ethik" (46) ,"Logik" (47) ,"Philosophia perennis" (52) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ヘーバーリーンの関連キーワードエジソン(アメリカの発明家)チャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)東京(都)おもなお雇い外国人エアトンメンデンホールローレンツゴールドシュミットシュテルンベルグハリス

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android