コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベイカー‐ネイサン効果 Baker-Nathan effect

1件 の用語解説(ベイカー‐ネイサン効果の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

ベイカー‐ネイサン効果【Baker-Nathan effect】

「超共役効果」ともいう.1935年にベイカー(J. W. Baker)とネイサン(W. S. Nathan)がアルキル置換のハロゲン化ベンジルとピペリジン求核置換反応反応速度の違いから,アルキル基,特にメチル基のC-H結合は電子をわずかながら共役系へ放出し,自らはH となる傾向を指摘した.これが以後,ベーカー‐ネイサン効果と呼ばれるようになった.「ベーカー‐ナタン効果」と記してあるテキスト類もある.

出典|朝倉書店
法則の辞典について | 情報

ベイカー‐ネイサン効果の関連キーワード日本浪曼派治安維持法挟みトヨダトラックG1型雪之丞変化芥川賞直木賞日本共産党予讃線文学賞

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone