コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベクトル場 ベクトルばvector field

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベクトル場
ベクトルば
vector field

ある空間で,1つの量が各点の関数として一義的に与えられるとき,この空間をその量のという。特にベクトル量の場をベクトル場という。流体力学における速度場電磁気学における電場や磁場はこの例である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のベクトル場の言及

【ベクトル解析】より

…曲線に沿っての積分(線積分),平面あるいは曲面上での積分(面積分),空間領域における積分(体積分)についても,実数値関数の場合にならって同様に定義される。
[スカラー場とベクトル場]
 三次元空間内の領域Dの各点(x,y,z)にスカラー量φが与えられているとき,φをDで定義されたスカラー場という。またDの各点にベクトル量Fが対応しているとき,FDで定義されたベクトル場という。…

※「ベクトル場」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ベクトル場の関連キーワードリー(Marius Sophus Lie)ヘルムホルツの分解定理L. アイゼンハートスカラーポテンシャルストークスの回転定理回転(数学・物理学)ベクトルポテンシャルダイバージェンス等ポテンシャル面ポテンシャル論ローテーションヒッグスの定理リーマン幾何学ゲージボソンベクトル解析ガウスの法則ガウスの定理不動点定理ゲージ理論場の量子論

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android