コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベケシー

2件 の用語解説(ベケシーの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ベケシー

ハンガリー出身の米国の生理学者。ベルン大学卒業後,ブダペストの国立電話研究所で研究。第2次大戦後は米国のハーバード大学教授。聴覚の研究により1961年ノーベル生理医学賞。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベケシー
べけしー
Georg von Bksy
(1899―1972)

アメリカの物理学者、生理学者。ハンガリーのブダペストに生まれる。ベルン大学で化学を学び、1923年ブダペスト大学で学位を取得。その後1946年までハンガリー電話研究所に勤め、その間1939年からはブダペスト大学で実験物理学を教えた。1946年ハンガリーを去ってスウェーデンに1年滞在、1947年アメリカに渡ってハーバード大学精神生理学の特別研究員となり、1966年からハワイ大学教授。遠距離通話の問題の研究から耳の音響伝達に関する研究を始め、聴力測定器などを開発、さらに蝸牛(かぎゅう)神経の研究を進め、1961年に「蝸牛殻内刺激の物理的機構に関する発見」によりノーベル医学生理学賞を受賞した。[大鳥蘭三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベケシーの関連キーワードアーランガーガボールキャパシュテルンデールハンガリー語オーストリアハンガリー帝国セントジェルジ比較生理学ハンガリー岩

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone