コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベケシー

2件 の用語解説(ベケシーの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ベケシー

ハンガリー出身の米国の生理学者。ベルン大学卒業後,ブダペストの国立電話研究所で研究。第2次大戦後は米国のハーバード大学教授。聴覚の研究により1961年ノーベル生理医学賞。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベケシー
べけしー
Georg von Bksy
(1899―1972)

アメリカの物理学者、生理学者。ハンガリーのブダペストに生まれる。ベルン大学で化学を学び、1923年ブダペスト大学で学位を取得。その後1946年までハンガリー電話研究所に勤め、その間1939年からはブダペスト大学で実験物理学を教えた。1946年ハンガリーを去ってスウェーデンに1年滞在、1947年アメリカに渡ってハーバード大学精神生理学の特別研究員となり、1966年からハワイ大学教授。遠距離通話の問題の研究から耳の音響伝達に関する研究を始め、聴力測定器などを開発、さらに蝸牛(かぎゅう)神経の研究を進め、1961年に「蝸牛殻内刺激の物理的機構に関する発見」によりノーベル医学生理学賞を受賞した。[大鳥蘭三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone