コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベジャール一家 ベジャールいっかBéjart family

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベジャール一家
ベジャールいっか
Béjart family

17世紀フランスで活躍した俳優の兄弟姉妹。
(1) ジョゼフ Joseph   1616/1617. パリ~1659.5.21. パリ 
1643年妹マドレーヌとともに,モリエールを迎えて盛名劇団を結成,南フランスを巡業,『粗忽者』『恋の遺恨』などを演じた。
(2) マドレーヌ (→ベジャール )
(3) ジュヌビエーブ Geneviève   1624.7.2. パリ~1675.7.3. パリ 
芸名は母の名エルベを用いた。盛名劇団以来モリエール一座に属し,『女学者』のベリーズなどを演じた。
(4) ルイ Louis   1630.11? パリ~1678.10.13.  
同じくモリエール一座で『守銭奴』のラ・フレッシュなどを演じた。足が悪かったのでモリエールはラ・フレッシュを足の不自由な役にしている。
(5) アルマンド (→ベジャール )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ベジャールいっか【ベジャール一家 Les Béjart】

17世紀フランスの俳優一家。森林監督庁の廷丁を父,下着商の娘を母に,生まれた10人の子どものうち成長した5人全員がモリエール一座に加盟。ジョゼフJoseph(1616‐59)は〈盛名座〉旗揚げに参加,どもり癖に悩まされた。マドレーヌMadeleine(1618‐72)は最初マレー座などで女優。モデーヌ伯との間に1子をもうけるが1642年ころモリエールと知り合い恋に落ち,彼を芝居の道に引き入れる決定的役割を果たす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ベジャール一家の関連キーワードアルマンド

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android