ベスパジアーノ・ダ・ビスティッチ(英語表記)Vespasiano da Bisticci

世界大百科事典 第2版の解説

ベスパジアーノ・ダ・ビスティッチ【Vespasiano da Bisticci】

1421‐98
ルネサンス期フィレンツェの写本製作者。有名な集書家であったメディチ家,エステ家,フェデリコ・ダ・モンテフェルトロ,ハンガリー王マーチャーシュ1世コルビヌスなどのために多数の美しい写本を作成した。1440年から80年までその工房はフィレンツェにおける文学の中心であった。しかし印刷術の発達によって写本の需要が減少したためにフィレンツェ近郊の農村に引退し,彼が知り合った聖俗の有名人の列伝Le viteを執筆した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android