コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベティカ山系 ベティカさんけいCordillera Bética

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベティカ山系
ベティカさんけい
Cordillera Bética

別称ベティコス山系 Sistemas Béticos。スペイン南部,アンダルシア州の地中海岸をほぼ東西に走る山脈群。北側山脈はスブベティカと呼ばれ,西のトラファルガル岬から東のラナオ岬まで約 580kmに及ぶ。中央および南側は主脈のペニベティカ山脈で,スブベティカよりも短く,コスタデルソル (太陽海岸) 沿いに西のエステポナから東のガタ岬にいたり,イベリア半島最高峰ムラセン山 (3478m) を含むネバダ山脈のほか,バサ山脈,ガドル山脈などから成る。スブベティカ山脈には,セグラ山脈,ロンダ山脈などが含まれる。東方のバレアレス諸島は海底山脈を経たこの山系の東の延長である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベティカ山系
べてぃかさんけい
Sistema Btica

スペイン(イベリア半島)南部、グアダルキビル川の河谷の南側に、南西―北東方向に連なる山系。アルプス造山運動で形成され、第三紀末に隆起した。ピレネー山脈とともにアルプス山系の続きをなす。断層により南北に二分され、北側はアルカラス山脈、ラ・サグラ山脈など2000メートル級の山々が連なるスブ・ベティカ山脈で、南側はイベリア半島最高峰ムラセン山(3482メートル)など3000メートル級の山々をもつシエラ・ネバダ山脈を主脈とするペニ・ベティカ山脈である。[田辺 裕・滝沢由美子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ベティカ山系の関連キーワードシエラ・ネバダ山脈(スペイン)アンダルシア自治州コスタ・デル・ソルムルシア自治州バレアレス海マヨルカ島グラナダ県フーカル川セグラ川

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android