ベナン湾(読み)ベナンわん(英語表記)Bight of Benin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベナン湾
ベナンわん
Bight of Benin

大西洋のギニア湾の支湾。アフリカ大陸西海岸,ガーナのセントポール岬からナイジェリアのニジェール川河口までの海域をさす。沿岸にはトーゴロメベナンコトヌー,ナイジェリアのラゴスなどの港湾都市がある。 16~19世紀半ばには沿岸港湾都市を基地として奴隷貿易が行なわれ,1830年代からはパーム油,パーム核,カカオなどの輸出がこれに代わった。 1950年代にはニジェール川河口デルタと大陸棚に石油が発見され,ナイジェリアの主要輸出品となっている。ガーナのアクラ,エルミナケープコーストセコンディタコラディなどには,植民地時代に建設された城塞が点在,1979年世界遺産の文化遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android