コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベニバナツメクサ(紅花詰草) ベニバナツメクサTrifolium incarnatum; crimson clover

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベニバナツメクサ(紅花詰草)
ベニバナツメクサ
Trifolium incarnatum; crimson clover

マメ科一年草ヨーロッパに自生するクローバーの1種で,欧米では牧草などに利用される。日本では当初,切り花としてストロベリーキャンドルの名で広まり,花壇などでも栽培されるようになった。3出複葉が互生し,茎頂にキャンドルの炎を思わせる紅色穂状花序をつける。白花品種もある。草丈はふつう 50~90cmであるが,矮性品種もある。日当りのよい環境を好み,じょうぶで育てやすい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android