ベネト州(読み)ベネト(英語表記)Veneto

  • ベネト〔州〕

翻訳|Veneto

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

別称ベネチアエウガネア Venezia Euganea。イタリア北東部の州都ベネチア。アドリア海にのぞみ,ポー川下流左岸の平野を占め,北はアルプスの一部を含み,オーストリア国境に及ぶ。前2世紀にローマの植民地となり,10世紀以後自由都市が発達したが,15世紀にはベネチア共和国にほぼ統一され,16世紀初頭全盛期を迎えた。 18世紀末オーストリアに支配され,1866年イタリア王国に帰属。肥沃な農業地帯で,トウモロコシコムギブドウのほか各種の果実を産し,酪農も行われ,海岸の港を中心に近代工業が発達している。おもな都市はベネチア,ベロナ,パドバビチェンツァ,キオッジャ,トレビゾ。面積1万 8364km2。人口 445万 2667 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

オーナー商法

物品や権利を消費者に販売すると同時にその物品・権利を事業者が預かり、生産・運用・レンタル・管理・保管などの利殖の高さをうたって資金を集める商法。見かけ上は購入者が物品・権利のオーナーとなるため、こうよ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ベネト州の関連情報