コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベリンガム Bellingham

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベリンガム
Bellingham

アメリカ合衆国北西部,ワシントン州北西端,ベリンガム湾東岸にある都市。 1852年製材工場の建設に始る。 57~58年金が発見されたという噂で人口は急増したが,実際は金が発見されず,その後ゴーストタウンになった。 80年代に炭田が開発され,港の改修や鉄道の敷設によって発展した。現在は,木材工場も立地し,パルプ製紙セメント,魚類の加工,造船などの工業が行われる。人口5万 2179 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ベリンガムの関連キーワードヒラリー スワンクケアンズアダムズ緋文字

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android