コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベルグマンの規則 ベルグマンノキソク

デジタル大辞泉の解説

ベルグマン‐の‐きそく【ベルグマンの規則】

同種の恒温動物では、寒冷地にすむ個体のほうが温暖地にすむものより大形となる傾向がある現象。体重が増加しても表面積の割合は少なくてすみ、体熱の発散を防げることからとされる。1847年にベルグマン(C.Bergmann)により明らかにされた。ベルグマンの法則

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ベルグマンのきそく【ベルグマンの規則】

ベルグマン(C. Bergmann)が1847年に恒温動物の体重と生息する地方の気温との間に見いだした現象。寒冷な地方に生息する個体の体重が温暖な地方のものより大きく、近縁な異種間でも大形の種ほど寒冷な地方に生息するという。これは、体重に対する体表面積の割合が小さいことが体熱の放散を少なくするので、体温保持に適しているためとする。 → アレンの規則

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ベルグマンの規則の関連キーワードアレン

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android