恒温動物(読み)こうおんどうぶつ

大辞林 第三版の解説

こうおんどうぶつ【恒温動物】

外界の温度変化にかかわりなく常にほぼ一定の体温を保っている動物の総称。哺乳類や鳥類がこれに属する。温血動物。定温動物。 ⇔ 変温動物

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

恒温動物
こうおんどうぶつ

外気温が変化しても体温を一定に保つことができる動物のことで、変温動物の対語。また、定温動物ともいい、俗には温血動物ともいう。類と哺乳(ほにゅう)類が属し、体温は種類によって異なる。ニワトリ42℃、有袋類35℃、ネコ39℃、ネズミ37~38℃、イヌ38~39℃、ヒト36~37℃あたりの体温を維持する。昼行性の動物の体温は夕方に最高値、明け方に最低値を示すが、日内変動の幅は体温調節の発達している動物では狭い。
 下等なものでは、体温が外気温の影響を受けやすく、単孔類のハリモグラは外気温が5℃のときには25℃に下がり、外気温30℃を超えると体温は正常以上になる。外気温が下がると冬眠に入るコウモリ、シマリス、ハムスターなどは、冬眠中には変温動物的となる。ヒトの新生児でも体温調節能力が発達していないので外気温の影響を受けることがある。体温を保持するための産熱(熱発生)はおもに筋肉運動と肝臓の物質代謝による。放熱を低下させる体毛、羽毛、皮下脂肪の発達、放熱を促進するあえぎ、発汗、皮下毛細血管の拡張などの機能が体温の恒常性に役だっている。体温調節中枢は間脳の視床下部にある。ここには、視床下部を流れる血液の温度を感知し、動物の種に固有の目標値と照合しながら、震え、あえぎ、発汗などの調節反応をおこさせるニューロンがあると考えられている。[川島誠一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の恒温動物の言及

【定温動物】より

…恒温動物とも,また俗に温血動物ともいう。変温動物の対語。…

※「恒温動物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android