ベルゴロド州(読み)ベルゴロド(英語表記)Belgorod

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベルゴロド〔州〕
ベルゴロド
Belgorod

ロシア西部の州。州都ベルゴロド中央ロシア高地南西部にあり,ウクライナに接する。ドネツ川ドン川両流域に入る。比較的温暖な大陸性気候で,平均気温は 1月-8℃,7月 20~21℃。年降水量 450~500mm。大部分が森林ステップ地帯で,南東端部がステップ地帯に入る。豊かな中央黒土帯にあり,農業が発展しており,主要作物はオオムギ,コムギ,テンサイ,ヒマワリ,コエンドロ (香油採取用) などで,果樹園も多い。畜産はウシの飼育が中心である。クルスク異常磁域 (クルスク州を中心にベルゴロド州,オリョール州にかけて広がる磁気異常地域) にあり,北東部のグブキン,レベジなどで大規模な鉄鉱開発が進んでいる。チョークの産地でもある。工業は農産物加工 (製糖,果実・野菜缶詰,香油) と建設資材工業 (セメント,チョーク) に加え,機械工業も発展している。州内をモスクワとウクライナのハリコフドンバス方面を結ぶ幹線鉄道,ハイウェーが通る。面積 2万7100km2。人口 151万1603 (2005推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報