コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベルトライド化合物 ベルトライドカゴウブツ

デジタル大辞泉の解説

ベルトライド‐かごうぶつ〔‐クワガフブツ〕【ベルトライド化合物】

不定比化合物

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ベルトライド化合物【ベルトライドかごうぶつ】

非化学量論的化合物

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベルトライド化合物
べるとらいどかごうぶつ
berthollide compound

定比例の法則(広義のドルトンの法則)に従わない化合物に対し、定比例の法則を容認しなかったフランスの化学者ベルトレにちなんで提案された用語であるが、現在では不定比化合物non-stoichiometric compoundということが多い(定比化合物をドルトナイド化合物daltonide compoundという)。
 固体化合物で成分元素の組成が簡単な整数比にならず、また一定にならないものをいう。混晶、固溶体、あるいは不純物を含む結晶なども含まれるが、結晶構造の研究が進むにつれて、複雑ながら一定組成のものと、本質的に不定比なものとの区別ができるようになってきた。金属の水素化物、酸化物、硫化物、13族~15族化合物などの侵入型あるいは欠損型固溶体に例が多く、物性的特性から光電材料、半導体、触媒などに利用されるものも多い。[岩本振武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のベルトライド化合物の言及

【非化学量論的化合物】より

…定比例の法則にしたがわない化合物。不定比化合物,ベルトライド化合物berthollide compoundなどともいう。化合物は多くの場合定比例の法則にしたがい,構成元素の原子比が簡単な整数比となるのであって,通常の化学式や化学反応式などもこの法則の上にたって書かれている。…

※「ベルトライド化合物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ベルトライド化合物の関連キーワード二酸化マンガン化学式硫化鉄

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android