ベルトラン(読み)べるとらん(英語表記)Aloysius Bertrand

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベルトラン(Aloysius Bertrand)
べるとらん
Aloysius Bertrand
(1807―1841)

フランスの詩人。本名Louis Jacques Napolon Bertrand。父(ナポレオン軍の将校)の赴任地、現在のイタリア領チェバで生まれる。王政復古により退役した父とともにディジョンに移り、この町を魂の故郷とする。リセを中退して文学を志し、地方新聞『プロバンシアル』を創刊、最初の詩作品を発表する。1829年、自ら開拓した新しい詩のジャンル、散文詩六十数編からなる『地方風俗画集』を携えてパリに出るが、出版のめどがたたず、失意と貧困を味わい故郷に戻る。32年、『夜のガスパール』と改題した散文詩集の草稿を持ってふたたびパリへ出、ロマン派の出版社ランデュエルと出版契約を結ぶ。しかし出版ははかどらず、極度の貧困に苦しむうちに結核に冒され慈善病院を転々とし、ついにネッケル病院で死亡。翌年、サント・ブーブの尽力で、『夜のガスパール』はアンジェのパビー書店から刊行された。[及川 茂]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ベルトランの関連情報