コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベルトラン べるとらんAloysius Bertrand

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベルトラン(Aloysius Bertrand)
べるとらん
Aloysius Bertrand
(1807―1841)

フランスの詩人。本名Louis Jacques Napolon Bertrand。父(ナポレオン軍の将校)の赴任地、現在のイタリア領チェバで生まれる。王政復古により退役した父とともにディジョンに移り、この町を魂の故郷とする。リセを中退して文学を志し、地方新聞『プロバンシアル』を創刊、最初の詩作品を発表する。1829年、自ら開拓した新しい詩のジャンル、散文詩六十数編からなる『地方風俗画集』を携えてパリに出るが、出版のめどがたたず、失意と貧困を味わい故郷に戻る。32年、『夜のガスパール』と改題した散文詩集の草稿を持ってふたたびパリへ出、ロマン派の出版社ランデュエルと出版契約を結ぶ。しかし出版ははかどらず、極度の貧困に苦しむうちに結核に冒され慈善病院を転々とし、ついにネッケル病院で死亡。翌年、サント・ブーブの尽力で、『夜のガスパール』はアンジェのパビー書店から刊行された。[及川 茂]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ベルトランの関連キーワード高良匠ルイ王朝様式中川歩川嶋秀明後藤明子コンデ家サンルイ島サンルイ大聖堂小笠原明子AKIVA

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ベルトランの関連情報