コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンデ家 コンデけCondé

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンデ家
コンデけ
Condé

シャルル・ド・ブルボンの息子コンデ親王ルイ1世 (1530~69) から始るフランスの名家。代々当主はコンデ親王と呼ばれ,王族のなかで第1の血統とされた。ルイ1世はユグノーの指導者であったが,アンボアーズの陰謀に加担したため暗殺された。2代目アンリ1世 (52~88) はサン=バルテルミの虐殺 (72) 時にカトリックを強要されたが,アルザスに亡命。その孫で3代目アンリ2世 (88~1646) の子が,4代目ルイ2世であり「大コンデ」と呼ばれた「貴族のフロンド」の立役者。その姉のロングビル公夫人アンヌ・ジュヌビエーブはモンパンシェ公夫人と並ぶフロンド派の女傑として有名。8代目のルイ・ジョセフ・ド・ブルボン (1736~1818) はフランス革命に際して亡命し,コンデ軍 (反革命軍) を組織して革命軍,さらにナポレオン軍と戦った。9代目ルイ・アンリ・ジョゼフ (1756~1830) はブルボン公として知られるが,謎の死をとげ,子も早死にしたため,コンデ家は他家に継承された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コンデけ【コンデ家】

16世紀にブルボン家から分かれたフランスの名門貴族。王家につらなる親王家として,3世紀にわたり政界に重きをなした。初代のコンデ親王ルイLouis,Prince de Condéおよび第2代のアンリ1世Henri Iは,16世紀後半宗教戦争の過程で,カトリック勢力を代表するギーズ家に対抗し,新教派の指導者として活躍した。王族であったことから,少数派の新教徒に大義名分を与える象徴的存在としての役割を果たしたともいえる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コンデ家
こんでけ
Cond

フランスのブルボン王家の筆頭親王家。コンデの名は、コンデ・シュール・レスコーという町名からとられた。バンドーム系ブルボン家から出自し、歴代武勲の王族として知られる。初代ルイ1世Louis de Bourbon(1530―69)はアンリ4世の叔父で、ユグノー戦争における新教派の武将。第4代ルイ2世Louis de Bourbon(1621―86)は大コンデと称され、三十年戦争でロクロア(1643)、ランス(1648)の戦いに勝利を収め、フロンドの乱では反マザランの貴族派の中心となった。ルイ14世のもとにあっても、フランドル戦争、オランダ戦争に武功があった。第9代ルイ・アンリ・ジョセフLouis Henri Joseph(1756―1830)は革命を避けてイギリスに亡命、最後のコンデ親王となった。その子アンガン公は反ナポレオンの陰謀を企て、1804年処刑された。[千葉治男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のコンデ家の言及

【シャンティイ】より

…1528‐32年,指折りの名門貴族モンモランシー元帥が建造した,ルネサンス様式の壮麗な城館により名高い。この城は17世紀に筆頭親王家であったコンデ家の手に移るが,代々のコンデ公は城館の増築,庭園の整備に努めた。大コンデの時代には,モリエール,ラ・フォンテーヌなど多くの文人を集め豪華な宴を催して,さながら君侯の宮廷の趣を呈したという。…

※「コンデ家」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コンデ家の関連キーワードコンデ親王ルイ[2世]ラ・ブリュイエールラ・ブリュイエールシャンティイ城ロングビル夫人コンデ美術館シャンティイボシュエ

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android