コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルブラン ルブラン Leblanc, Maurice

13件 の用語解説(ルブランの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルブラン
ルブラン
Leblanc, Maurice

[生]1864.12.11. ルーアン
[没]1941.11.6. ペルピニャン
フランス推理小説作家。 1892年から『ジル・ブラス』誌に風俗小説を発表,のち推理小説に転じ,怪盗アルセーヌ・ルパン主人公にした一連の傑作を発表して世界的な人気を得た。『怪盗紳士アルセーヌ・ルパン』 Arsène Lupin,gentleman cambrioleur (1907) 以下,『813』 (10) ,『水晶の栓』 Le Bouchon de Cristal (12) など。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ルブラン
ルブラン
Lebrun, Charles-François, Duc de Plaisance

[生]1739.3.19. ノルマンディー,サンソーブールランドラン
[没]1824.6.16. セーヌエオアーズ,サンメーム
フランスの政治家。 1789年全国三部会代議員。恐怖政治期に投獄されたが,五百人会に入り,ブリュメール十八日クーデターを支持。 99~1804年第三統領。 04~14年帝政下の財政総監。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ルブラン
ルブラン
Lebrun, Pierre-Antoine

[生]1785.12.29. パリ
[没]1873.5.27. パリ
フランスの劇作家,詩人。悲劇『メアリースチュアート』 Marie Stuart (1820) ,『アンダルシアシッド』 Le Cid d'Andalousie (25) はロマン主義演劇の先駆となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ルブラン
ルブラン
Lebrun, Albert

[生]1871.8.29. メルシールオー
[没]1950.3.6. パリ
フランスの政治家。第三共和政第14代,かつ最後の大統領(在任 1932~40)。第2次世界大戦が開戦した 1939年,国内の政治対立やドイツの軍事的脅威のなかでフランスの統一を保とうと努めたが,有効な指導力を発揮できなかった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ル‐ブラン(Charles Le Brun)

[1619~1690]フランスの画家・装飾家。ルイ14世の首席宮廷画家。美術行政全般を支配し、ベルサイユ宮殿の装飾などを主宰、絵画・装飾において華麗な様式を創出した。

ルブラン(Maurice Leblanc)

[1864~1941]フランスの推理小説家。怪盗ルパンを主人公とする一連の作品で知られる。作「水晶の栓」「奇巌城(きがんじょう)」「813」など。

ルブラン(Nicolas Leblanc)

[1742~1806]フランスの化学者。ルブラン法を発明して、ソーダ工業を創始した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ルブラン

フランスの推理作家。初め心理小説を書いたが,怪盗アルセーヌ・ルパンを主人公とする推理小説で成功,《怪盗紳士アルセーヌ・ルパン》(1907年),歴史のからむ《奇巌城》(1909年),時事ニュースに取材した《水晶の栓》(1912年)など一連のルパンものを発表した。

ルブラン

フランスの外科医,化学者。パリで医学と化学を学び,1780年オルレアン公の主治医アカデミー・デ・シアンスの懸賞募集に応じて1789年食塩から炭酸ナトリウムをつくる工業的製法(ルブラン法)を発明した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ルブラン【Albert Lebrun】

1871‐1950
フランスの政治家。政治歴は地味であったが,1931年上院議長,翌年大統領ポールドゥメールが暗殺され後任に選出される。39年5月再選され,ファシズム台頭期から第2次世界大戦に至る危機の時代に大統領の地位にあったが,自己の政治力を発揮するというより状況に従い,40年7月,議会がペタン元帥に立憲上の全権を与えたとき,これに抵抗せず第三共和政の終末に立ち会った。戦後の著書に《証言》がある。【加藤 晴康】

ルブラン【Nicolas Leblanc】

1742‐1806
フランスの化学者。イスダンの生れ。パリで医学と化学を学び,1780年からオルレアン公の主治医となり,かたわら結晶学などの研究を行った。84年ころから人造ソーダの製造に興味をもつようになり,アカデミー・デ・シアンスの懸賞募集に応じて,89年食塩から炭酸ナトリウム(ソーダ)を工業的に製造する〈ルブラン法〉を発明,91年その特許権を取得した。直ちにオルレアン公の資金援助を得て,サン・ドニにソーダ工場を建設したが,93年公の処刑とともに革命政府に没収され,操業は中止された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ルブラン【Leblanc】

〔Maurice L.〕 (1864~1941) フランスの推理小説家。「奇巌城」「 813 」「水晶の栓」など、怪盗ルパンもので知られる。
〔Nicolas L.〕 (1742~1806) フランスの化学者。ルブラン法を発明。

ルブラン【Charles Le Brun】

1619~1690) フランスの画家。ルイ一四世治下の美術行政の総監督としてベルサイユ宮の装飾などを指揮した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ルブランの関連キーワード自然淘汰スキー八雲愛人松柏砂山チェリーなんか花菱ぶうぶう

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ルブランの関連情報