コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベルナルドゥス・シルウェストリス Bernardus Silvestris

世界大百科事典 第2版の解説

ベルナルドゥス・シルウェストリス【Bernardus Silvestris】

?‐1167以後
フランスの初期スコラの哲学者で,シャルトル学派の一人。フランス名はベルナール・シルベストルBernard Silvestreで,トゥールのベルナールとも呼ばれる。1156年ころシャルトル司教座尚書となる。《宇宙論》と題され,1150年ころシャルトルのティエリーに捧げられた著作で知られる。これはカルキディウスの《ティマイオス注解》を用い,自然に生命を与える宇宙霊魂は神のイデアに従って働くと見たもので,シャルトルのベルナールとも一致する見解である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ベルナルドゥス・シルウェストリスの関連キーワードベルナール(Bernard de Chartres)ミクロコスモス

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android