ベルナルドゥス・シルウェストリス(英語表記)Bernardus Silvestris

世界大百科事典 第2版の解説

ベルナルドゥス・シルウェストリス【Bernardus Silvestris】

?‐1167以後
フランスの初期スコラの哲学者で,シャルトル学派の一人。フランス名はベルナール・シルベストルBernard Silvestreで,トゥールのベルナールとも呼ばれる。1156年ころシャルトル司教座尚書となる。《宇宙論》と題され,1150年ころシャルトルのティエリーに捧げられた著作で知られる。これはカルキディウスの《ティマイオス注解》を用い,自然に生命を与える宇宙霊魂は神のイデアに従って働くと見たもので,シャルトルのベルナールとも一致する見解である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android