コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ティエリー Thierry, (Jacques-Nicolas-)Augustin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ティエリー
Thierry, (Jacques-Nicolas-)Augustin

[生]1795.5.10. ブロア
[没]1856.5.22. パリ
フランスの歴史家。エコール・ノルマル・シュペリュール (高等師範学校) を卒業後,サン=シモンの秘書。その後リベラル派の新聞記者となった。 A.シャトーブリアンの『殉教者』を読んで歴史家としての使命に目ざめ,1826年盲目となったが歴史研究に専念した。彼は歴史における民族間の対立という観点の重要性を強調し,『ノルマン人によるイギリス征服史』 Histoire de la conquête de l'Angleterre par les Normands (1825) ,『メロビング王朝時代物語』 Récits des temps mérovingiens (40) を著わした。その他の著書として『第三身分の考察』 Essai sur le Tiers État (53) がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ティエリー【Augustin Thierry】

1795‐1856
フランスの歴史家。エコール・ノルマル・シュペリウール出身。サン・シモンの秘書をつとめたのち,自由主義派の新聞で論陣を張ったが,やがて歴史叙述に専念した。物語の才に優れ,力強い情熱にあふれた筆致により多くの読者を得た。ミシュレと並び,フランス・ロマン派の歴史家を代表する存在である。民族の役割を重視し,征服者に対する被征服者の抵抗に歴史の動因を見いだした。《ノルマンによるイングランド征服史》(1825)や《メロビング王朝時代史》(1840)には,このような歴史観がよくあらわれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ティエリーの関連キーワードベルナルドゥス・シルウェストリス1988年の日本グランプリアンドレ プットマンクリストフ ルメールダカールラリーロム・イデアルジルバーマンアールストイディールエンジェル松浦寿夫ルコントピエールジル

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ティエリーの関連情報