コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルキディウス Calcidius

1件 の用語解説(カルキディウスの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カルキディウス【Calcidius】

経歴は不詳。年代についても,研究者により4世紀から5世紀前半までの振幅がみられる。プラトン《ティマイオス》の前半(52章)までのラテン語訳と注解とが彼の著書として伝存。これは,12世紀,ヘンリクス・アリスティップスHenrichus Aristippusによる《メノン《ファイドン》のラテン語訳があらわれるまで,西方世界におけるほとんど唯一のプラトンに関する知識の源泉としての意義を有し,12世紀のシャルトル学派の宇宙論に多大の影響を及ぼした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カルキディウスの関連キーワード職歴日本学術振興会棋歴ロシアフォルマリズム展延性テンダーネス東常氏外国人招聘研究者共同研究(民間との共同研究)ロイヤルティ(ロイヤリティー)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone