コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルキディウス Calcidius

世界大百科事典 第2版の解説

カルキディウス【Calcidius】

経歴は不詳。年代についても,研究者により4世紀から5世紀前半までの振幅がみられる。プラトンの《ティマイオス》の前半(52章)までのラテン語訳と注解とが彼の著書として伝存。これは,12世紀,ヘンリクス・アリスティップスHenrichus Aristippusによる《メノン》《ファイドン》のラテン語訳があらわれるまで,西方世界におけるほとんど唯一のプラトンに関する知識の源泉としての意義を有し,12世紀のシャルトル学派の宇宙論に多大の影響を及ぼした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

カルキディウスの関連キーワードベルナルドゥス・シルウェストリスマクロビウス

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android