コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベローナのドゥカーレ宮 ベローナのドゥカーレきゅう

1件 の用語解説(ベローナのドゥカーレ宮の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ベローナのドゥカーレきゅう【ベローナのドゥカーレ宮】

イタリア北西部、ベローナ(Verona)近郊の都市マントバ(Mantova)のソルデッロ広場(Piazza Sordello)に建っている宮殿で、ゴンザーガ家の館。◇「パラッツォドゥカーレ」(Palazzo Ducale)とは、「公爵(あるいは総督)の宮殿」という意味。ゴンザーガ家は侯爵、のちに公爵となり、1530年にマントバ公国を建国し、1708年にミラノ公国に編入されるまで、シニョーレ(僭主)として、この一帯を支配し、この宮殿を舞台に、ルネサンス文化が花開いた。宮殿は14~17世紀にかけて、主要部分は16世紀に建設されたもので、その華やかさと規模はヨーロッパ有数といわれる。500に及ぶ部屋と15の中庭がある。この宮殿のマンテーニャ(Andrea Mantegna、1431~1506年)やジュリオ・ロマーノ(Giulio Romano、1499?~1546年)などのフレスコ画も、同じくマントバにあるパラッツォデルテ(テ宮殿)とともに見どころの一つになっている。

出典|講談社
世界の観光地名がわかる事典について | 情報

ベローナのドゥカーレ宮の関連キーワード原田悠吾ヴェローナの恋人たちヴェローナ市円形劇場シニョーリ広場ジュリエッタの家ベローナ会議

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone