コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベンスジョーンズ蛋白質 ベンスジョーンズたんぱくしつBence-Jones protein

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベンスジョーンズ蛋白質
ベンスジョーンズたんぱくしつ
Bence-Jones protein

グロブリンに属するヒトの蛋白質で,正常時には認められないが骨髄腫,骨肉腫,骨髄性白血病など骨髄に関する病気のときに患者の尿中に検出される異常蛋白質。発見者であるイギリスの医者 H.ベンスジョーンズの名にちなんで命名したもの。この蛋白質は,形質細胞のグロブリン合成機構に異変が起り,正常γ-グロブリンがつくられる途中で中間のままで止ったとき,L鎖またはその二量体,ときに四量体として見出される。これを含む尿を加熱すると,60℃で凝固混濁し,温度をさらに上げると再び溶解して透明になる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android