コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

骨髄性白血病 こつずいせいはっけつびょうmyelogenous leukemia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

骨髄性白血病
こつずいせいはっけつびょう
myelogenous leukemia

骨髄から幼弱な細胞がどんどんつくられる型の白血病で,急性症と慢性症とに分れる。成人では急性骨髄性白血病が多い。白血球数は,健常者では 7000mm3程度であるが,急性症では数万から 10万程度,慢性症では十数万から数十万に達する。症状は,急性症では発熱,出血傾向,易感染性で始るが,慢性症では全身倦怠感,脱力感,顔面蒼白,微熱,胃腸症状,鼻出血,皮下出血などで,巨大な脾腫を触れるが,リンパ節の肥大は軽度である。皮膚 瘙痒感,発疹,胸骨叩打痛がみられることもある。経過は急性症では1~2年,慢性症では4~5年。予後は不良であるが最近は抗白血病薬で軽快して,治療成績は著しく向上している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の骨髄性白血病の言及

【白血病】より

…白血球生成組織は骨髄とリンパ系があり,それぞれの組織系で生成される白血球は機能的にも形態的にも容易に区別される。白血病の白血球もそのいずれかの特徴を示すことが多いので,まず骨髄性白血病とリンパ性白血病のいずれかに大別され,そのおのおのについて,さらに細かい特徴に基づいて分類されることが多い。しかし,なかには骨髄性ともリンパ性とも断定できない白血病の白血球もある。…

※「骨髄性白血病」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

骨髄性白血病の関連キーワード子どもの播種性血管内凝固症候群老化にともなう血液の病気と症状骨髄繊維症(骨髄線維症)ベンスジョーンズ蛋白質ペグインターフェロン急性前骨髄球性白血病脾(臓)機能亢進症急性リンパ性白血病ライアン オニール骨髄異形成症候群急性白血病の分類骨髄バンクドナーがんの化学療法骨髄移植の知識肺真菌症の病変本田 美奈子レチノイン酸白血球増加症血小板増加症分子標的薬

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

骨髄性白血病の関連情報