コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベーダーンタ ベーダーンタ Vedānta

翻訳|Vedānta

2件 の用語解説(ベーダーンタの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベーダーンタ
ベーダーンタ
Vedānta

(1) ウパニシャッドの別名。ウパニシャッドはベーダの終り (アンタ) であることによる呼称。 (2) 古代インドの哲学体系の一つ。「ブラフマ・ミーマーンサー」ともいう。ウパニシャッドの考察を本来の使命とし,特にその中心観念であるブラフマン,アートマンの研究を主題とした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ベーダーンタ(〈梵〉Vedānta)

ウパニシャッドの異称。ベーダの最後(アンタ)にあるところからの称。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のベーダーンタの言及

【ウパニシャッド】より

…インド思想の源泉としてきわめて重要な文献である。バラモン教の聖典〈ベーダ〉の4部門のうち最終部門に相当するため〈ベーダーンタVedānta(ベーダの末尾)〉とも呼ばれたが,この別名は,のちに〈ベーダの極致〉と解釈されるようになった。〈ウパニシャッド〉の語義は,通説に従えば,〈近くに座るupa‐ni‐sad〉というサンスクリット動詞としての意味から転じて,師弟が対座して師から弟子へと伝達される〈秘義〉をさすようになり,さらに,そのような秘義を収録した文献をさすにいたったとされる。…

【ベーダ】より

…この名称は,森林を意味する語〈アラニヤaraṇya〉に由来する。(4)ウパニシャッド 梵我一如の思想を代表とするさまざまな哲学的考察を,主として問答形式で展開する文献で,〈ベーダの終末部〉あるいは転じて〈ベーダの窮極〉という意味で,〈ベーダーンタvedānta〉とも呼ばれる。 以上の4部門を4種のベーダのそれぞれが含むので,たとえば《リグ・ベーダ》は,これに属する4部門の総称であるのが本来であるが,狭義の〈ベーダ〉として,たとえば《リグ・ベーダ》が《リグ・ベーダ・サンヒター》を意味するように,それぞれのサンヒターを指して単に〈ベーダ〉ということが多い。…

※「ベーダーンタ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ベーダーンタの関連キーワード優婆尼沙土ベーダーンタ学派アウパニシャダ《ウパニシャッドより仏教まで》古ウパニシャッド新ウパニシャッド《チャーンドーギヤ・ウパニシャッド》《ブリハッド・アーラニヤカ・ウパニシャッド》《ベーダの60のウパニシャッド》《マーンドゥーキヤ・ウパニシャッド》

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone