コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウパニシャッド 〈梵〉Upaniṣad

デジタル大辞泉の解説

ウパニシャッド(〈梵〉Upaniṣad)

古代インドの宗教哲学書。ベーダ文献の最後の部分なので、ベーダーンタ(ベーダの終わり)ともいう。宇宙と人生を支配するブラフマン(梵)とアートマン(我)の一致を説き、輪廻(りんね)と業(ごう)の思想を主張、インド哲学の源流となった。
[補説]「優婆尼沙土」とも書く。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ウパニシャッド【優婆尼沙土】

古代インドの一群の哲学書。「奥義書」と訳される。バラモン教の聖典であるベーダの最後の部分を形成し、ベーダーンタとも呼ばれる。自己(アートマン)が宇宙の絶対者(ブラフマン)と究極的には一体であることを説く。大半は仏教興起以前に作られ、その後のインド哲学・宗教思想の根幹となる。 〔「優婆尼沙土」とも書く〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android