ベートリンク(英語表記)Böhtlingk, Otto von

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベートリンク
Böhtlingk, Otto von

[生]1815.6.11. サンクトペテルブルグ
[没]1904.4.1. ライプチヒ
ロシア生れの言語学者。後年ドイツで活躍。サンスクリット語の研究を専門とし,『パーニニ文法』の校訂出版 (1839~40) と『サンスクリット語辞典』 Sanskrit-Wörterbuch (53~75) の編纂は,不朽の業績である。チュルク系のヤクート語の研究も行い,『ヤクート人の言語について』 Über die Sprache der Jakuten (3巻,51) はチュルク言語学の出発点となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ベートリンク【Otto von Böhtlingk】

1815‐1904
ドイツのサンスクリット学者。ペテルブルグに生まれ,1855年にはロシアの学士院会員に選出され,イェーナに住み(1868),のちライプチヒに移った(1885)。その最も特筆すべき業績は,チュービンゲン大学のロートWalter Rudolf von Roth(1821‐95)とともに理想的な協同作業の結果,《サンスクリット大辞典Sanskritwörterbuch》(1853‐75)を編纂したことで,全7巻の大著は100年以上の生命を保ち,いまだにこれを超える辞典が現れない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベートリンク
べーとりんく
Otto von Bhtlingk
(1815―1904)

ドイツのサンスクリット学者。ペテルブルグに生まれ、1868年イエナに至り、85年ライプツィヒに移った。『サンスクリット語読本』(1845)、『パーニニ文典』(1887)、『インド箴言(しんげん)集』3巻(1870~78)、『インド修辞学』(1890)など、サンスクリット語学、文学に優れた業績を残し、ロートRudolf Rothとともに編んだ『サンスクリット大辞典』7巻(1853~75)は斯学の記念碑的事業で、いまなお100年の生命を保っている。[原 實]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

ベートリンク

生年月日:1815年6月11日
ドイツのサンスクリット学者
1904年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内のベートリンクの言及

【インド学】より

…1816年,シェジに師事したボップF.Bopp(1791‐1867)は,サンスクリットとヨーロッパの諸言語との親縁関係を証明し,それによって比較言語学が独立の学問として成立した。ヨーロッパにおけるインド研究は,ドイツのベートリンクOtto Böhtlingk(1815‐1904)とロートR.Roth(1821‐95)による膨大な《梵語辞典Sanskrit‐Wörterbuch》全7巻(1852‐75)として結実した。これは19世紀ヨーロッパにおける最大の研究成果である。…

【インド学】より

…1816年,シェジに師事したボップF.Bopp(1791‐1867)は,サンスクリットとヨーロッパの諸言語との親縁関係を証明し,それによって比較言語学が独立の学問として成立した。ヨーロッパにおけるインド研究は,ドイツのベートリンクOtto Böhtlingk(1815‐1904)とロートR.Roth(1821‐95)による膨大な《梵語辞典Sanskrit‐Wörterbuch》全7巻(1852‐75)として結実した。これは19世紀ヨーロッパにおける最大の研究成果である。…

※「ベートリンク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大阪桐蔭高等学校

大阪府大東市にある男女共学の私立高校。1983年、大阪産業大学高等学校(現・大阪産業大学附属高等学校)の分校として設置され、1988年に現名称で独立した。神奈川県横浜市にある桐蔭学園高等学校とは無関係...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android