コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペイオフ全面解禁 ぺいおふぜんめんかいきん complete lifting of the freeze on the payoff system

1件 の用語解説(ペイオフ全面解禁の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

ペイオフ全面解禁

預金の全額保護の特例が1996年から段階的に終了し、預金者保護の範囲が限定されたこと。ペイオフ本格実施ともいう。ペイオフとは、金融機関が破綻した際に、1金融機関1預金者当たり、定期預金や利息付き普通預金等の元本1000万円までとその利息額を「保険金」として預金保険機構が支払う制度のこと。ペイオフが解禁される以前は、金融機関が破綻しても預金の全額が保護されていた。しかし、2002年4月から定期預金等は全額保護の対象外となり(ペイオフ一部解禁)、さらに05年4月から普通預金等も全額保護の対象外となった。もっとも、無利息、要求払いなどの要件を満たす決済用預金は全額保護の対象となっている。

(吉川満 (株)大和総研常務理事 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ペイオフ全面解禁の関連キーワードペイオフ実勢預金通貨定期預金預金銀行コアバンク預金保険制度生活保護の母子加算ペイオフ(預金の払い戻し)

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ペイオフ全面解禁の関連情報