コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペイロード ペイロードpayload

翻訳|payload

デジタル大辞泉の解説

ペイロード(payload)

有償搭載量。実際に搭載する旅客・手荷物・貨物・郵便物などの重量で、必ずしも有償とは限らない。航空機の重量計算では、無燃料重量から運航重量を引いた値になる。
宇宙ロケットに積み込んだ実験観測機器。また、ミサイルに搭載した爆弾。
データ通信で転送されるパケットのうち、転送先や経路を制御する付加情報(ヘッダー)を除いたデータ本体のこと。データの大きさをペイロード長という。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ペイロード【payload】

乗客・貨物などの有料荷重。
航空機やミサイルの有効搭載量、搭載物。
ロケットの打ち上げの性能を示す指標の一。所定の高度に打ち上げることのできる人工衛星の重量。
人件費。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペイロード
ぺいろーど
payload

航空機に搭乗した乗客およびその手荷物、貨物、郵便物の総重量。民間機の場合、ペイロードは輸送料金の対象となるため、有償搭載量と訳される場合が多いが、重量計算上では有償・無償の区別はない。航空機の離陸重量から、機体、装備品、乗員、食料品などの運航重量と燃料重量とを差し引いたもので、貨物や手荷物を入れるコンテナバラストの重量も含まれている。運航重量はだいたい一定であるため、ペイロードは燃料重量の増減に左右される。とくに航空機が長距離を飛行する場合、燃料が増大するためペイロードを制限することもある。[青木享起・仲村宸一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のペイロードの言及

【輸送機】より

…輸送機は安全性の次に経済性が重視される。民間機では乗客や貨物など有償で積むものをペイロードpayloadと呼ぶが,輸送機は大きさの割りにペイロードが多く積め,運航にもなるべく経費がかからぬようにくふうされている。外観では胴体が大きいことが共通した特色といえる。…

※「ペイロード」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ペイロードの関連情報