コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペサパロ pesäpallo

世界大百科事典 第2版の解説

ペサパロ【pesäpallo】

フィンランド特有のスポーツで,バットとボールを用いる団体ゲーム。フィンランド式野球ともいわれる。1912年のストックホルム・オリンピック大会後,北欧を巡業したアメリカの野球がきっかけとなり,古くからのクニンガスパロ,ピトカパロなどの球技と合成し,体育指導者のピフカラLauri Pihkalaらが22年に完成させたもの。1チーム9人の2チームが,野球よりも軽いボールと細いバットを使って争う。投手は打者のすぐそばから真上に1m以上ボールを投げ,打者はすぐに一塁へ走るか,ボールを打つかする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のペサパロの言及

【フィンランド】より

…フィンランド選手は槍投げやマラソンに強く,冬のスポーツではジャンプやスケートなどで活躍している。また,フィンランド人は野球を変形したペサパロpesäpalloを好む。投手は打者のかたわらでボールを投げ上げ,これを打つ。…

【フィンランド】より

…フィンランド選手は槍投げやマラソンに強く,冬のスポーツではジャンプやスケートなどで活躍している。また,フィンランド人は野球を変形したペサパロpesäpalloを好む。投手は打者のかたわらでボールを投げ上げ,これを打つ。…

※「ペサパロ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ペサパロの関連キーワードフィンランド

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android