コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペチェルスカヤ大修道院 ペチェルスカヤだいしゅうどういん

2件 の用語解説(ペチェルスカヤ大修道院の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ペチェルスカヤだいしゅうどういん【ペチェルスカヤ大修道院】

ウクライナの首都キエフにある修道院。南スラブ最大の修道院で、洞窟修道院上に2層構成で建っていて、上層のウスベンスキー寺院には約100mの鐘楼(しょうろう)があって、下層は地下墳墓と修道院になっている。◇「洞窟」という意味の「ペチェラ」が、そのまま修道院名になった。11世紀の創建で、ロシア正教を代表する修道院である。世界遺産に登録されていて、キエフ最大の観光スポットである。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペチェルスカヤ大修道院
ぺちぇるすかやだいしゅうどういん
Киево‐Печерская Лавра Kievo-Pecherskaya Lavra

ウクライナの首都キエフのドニエプル川岸の丘にある修道院。谷間の洞窟(どうくつ)に修道士たちが住みついたのが起源となり、ロシア最初の修道院として11世紀中ごろに成立した。洞窟の上には御堂がつくられ、聖僧たちのミイラが多数安置されており、昔も今も民衆の絶大な信仰を集めている。正門を兼ねるトロイツカヤ聖堂(1108)をはじめ、広い敷地内に多数の建物があり、金色のクーポラ(ねぎ坊主状の円屋根)が並び立っている。現在はロシア正教のウクライナ本部になっており、一部は歴史的建造物として公開されている。1990年に同市内にある聖ソフィア大聖堂と関連の修道院建築物とともに、世界遺産の文化遺産として登録されている(世界文化遺産)。[紅山雪夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ペチェルスカヤ大修道院の関連キーワード烏克蘭キエフペチェールスカヤ大修道院ダフニ修道院アンドレイ教会アンドレイ坂ウラジーミル聖堂聖ミハイルの黄金ドーム修道院フレシャーチク通りキエフ:聖ソフィア大聖堂と関連する修道院建築物群、キエフ-ペチェールスカヤ大修道院

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone