コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペナンのスリマリアマン寺院 ペナンのスリマリアマンじいん

世界の観光地名がわかる事典の解説

ペナンのスリマリアマンじいん【ペナンのスリマリアマン寺院】

マレーシアのペナン島、ペナン市(旧ジョージタウン)のインド人居住区にある、1883年建立の同島最古のヒンドゥー教寺院。ペナン島のヒンドゥー教徒の中心となっている寺院である。38の人や動物を象った極彩色の神々の彫刻があるゴープラム(高門)をくぐった本堂には、金銀、ダイヤモンド、エメラルドがちりばめられた、本尊のスリマリアマン女神像が安置されている。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android