コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペルーズ ペルーズPelouze, Théophile-Jules

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペルーズ
Pelouze, Théophile-Jules

[生]1807.2.26. バローニュ
[没]1867.5.31. パリ
フランスの化学者。薬局勤めをしていたが,やがてパリに出て,J.L.ゲイ=リュサックに見出され,リール大学助教授となり (1830) ,1831年からパリエコール・ポリテクニクの教授となった。同時にコレージュ・ド・フランスの教授もつとめ,造幣局長官にもなった (48) 。ニトリル,脂肪の合成に成功し,乳酸発酵の研究,サリシンの研究,ボルネオールの発見などで知られる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ペルーズの関連キーワードクルーゼンシュテルンオセアニア史(年表)デュモン・デュルビルニュー・カレドニアオホーツク海ラ=ペルーズラ・ペルーズラ・ペルーズコレージュ8月22日宗谷海峡サハリン海馬島日本海

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ペルーズの関連情報