コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペルーズ Pelouze, Théophile-Jules

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペルーズ
Pelouze, Théophile-Jules

[生]1807.2.26. バローニュ
[没]1867.5.31. パリ
フランスの化学者。薬局勤めをしていたが,やがてパリに出て,J.L.ゲイ=リュサックに見出され,リール大学助教授となり (1830) ,1831年からパリエコール・ポリテクニクの教授となった。同時にコレージュ・ド・フランスの教授もつとめ,造幣局長官にもなった (48) 。ニトリル,脂肪の合成に成功し,乳酸発酵の研究,サリシンの研究,ボルネオールの発見などで知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ペルーズの関連キーワードクルーゼンシュテルンオセアニア史(年表)デュモン・デュルビルニュー・カレドニアラ=ペルーズオホーツク海ラ・ペルーズラ・ペルーズ8月22日コレージュ宗谷海峡サハリン海馬島日本海

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ペルーズの関連情報