ペレベルゼフ(読み)ぺれべるぜふ(英語表記)Валерьян Фёдорович Переверзев/Valer'yan Fyodorovich Pereverzev

日本大百科全書(ニッポニカ)「ペレベルゼフ」の解説

ペレベルゼフ
ぺれべるぜふ
Валерьян Фёдорович Переверзев/Valer'yan Fyodorovich Pereverzev
(1882―1968)

ロシア・ソ連文芸学者。1905年、革命運動に参加したかどでハリコフハルキウ)大学を除籍、流刑される。1911年モスクワへ帰り、獄中で書き上げた『ドストエフスキーの創作』(1912)と『ゴーゴリの創作』(1914)を出版し文名を得る。革命後フリーチェ、ルナチャルスキーらとともに雑誌や『文学百科辞典』の編集に携わる一方、1921年モスクワ大学教授となり優秀な文芸学者たちを育て、その論文集『文芸学』(1928)を刊行、いわゆるペレベルゼフ学派を形成した。1938年スターリンに粛清されたが1956年に名誉回復、その後は古代ロシア文学研究に向かった。

[箕浦達二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android