コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペレヤスラフフメリニツキー Pereyaslav-Khmel'nitskii

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペレヤスラフフメリニツキー
Pereyaslav-Khmel'nitskii

ウクライナ中北部,キエフ州の都市。首都キエフの南東約 80km,ドネプル川支流トルベジ川にのぞむ。ロシア最古の都市の一つで,907年には年代記に記されている。 1654年この地でウクライナとロシアの合併が決議された。食品,縫製などの工業があり,歴史博物館をもつ。キエフとハイウェーで連絡。市名は 1943年までペレヤスラフのみであったが,ウクライナの民族運動指導者 B. M.フメリニツキーを記念してその名を加えた。人口2万 6669 (1979) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ペレヤスラフフメリニツキーの関連キーワードペレヤスラブリ公国

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android