コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ページング ペーじんぐ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ページング

仮想マシンに割り当てられた実メモリー空間外にメモリーアクセスが発生した場合に発生する、実メモリーとハードディスク上のページファイルの内容交換。ページングが発生すると、実メモリーへのアクセスよりも大幅なアクセス待ち時間が生じる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ページング
paging

タイムシェアリング方式 TSSにおける手法の一つ。限られた大きさの主記憶装置を用いて,大きいプログラムを複数個,TSSやマルチプログラムで実行させようとするとき,物理的な記憶装置のアドレスとは関係なくプログラムにアドレスをつけ,これをある一定の大きさの単位 (ページ) に分割して補助記憶装置上に置き,その部分が必要になったとき主記憶装置の空領域にもってきて実行する方法。主記憶装置もページ単位に分割されていて,計算上必要な部分を補助記憶装置からもってくるとき,アドレス変換を行う。最近はこれをハードウエアで高速に行なっている。主記憶がいっぱいのときは,使い終ったプログラム部分や当分必要ないと思われるページは補助記憶装置に戻される。このような操作をスワップインスワップアウトという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ページングの関連キーワードEMM386.EXEメモリーマネージャーエンハンスドモードコンピューターポケットベルFIFO方式ページアウト386DX仮想マシン磁気ドラムLRU方式LFU方式ページインスワップ仮想記憶EMS

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android