コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホアイエ foyer[フランス]

世界大百科事典 第2版の解説

ホアイエ【foyer[フランス]】

たまり場,家族だんらんの中心,家庭,娯楽室などの意味であるが,建築空間においては,玄関から集会室,会議室,ホールなどに至る間に設けられる広い空間,あるいは劇場や映画館などの入口から客席を結ぶ通行広間を指す。客の待合せ,休憩,幕間の雑談などに供せられる場所で,一般にはロビーと同義に用いられることが多い。【岩崎 正義】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のホアイエの言及

【住居】より

…住居は道路に沿って密接し,通りに面する外壁はタイルや塗料で仕上げられ,花で飾られる。入口からホアイエ,居間,寝室,厨房,パティオ(中庭)の順に部屋が並ぶが,ホアイエは通りの延長としてのセミ・パブリック(準公共)な空間で,居間から奥がプライベートな領域として使用される。壁は石かブロックの組積造で,屋根は瓦葺きである。…

※「ホアイエ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ホアイエの関連キーワードラウンジ公会堂

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android