コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホイップクリーム ホイップクリーム whipped cream

4件 の用語解説(ホイップクリームの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ホイップ‐クリーム(whipped cream)

生クリームを攪拌(かくはん)して泡立てたもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

ホイップクリーム

 ヘビークリームともいう.クリームを,5〜10℃の状態でかくはんして細かい気泡をクリーム内に作ったもの.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

ホイップクリーム

生クリームをそのまま、または砂糖を加えて泡立てたもの。◇「whipped cream」から。「シャンティイ」「クレームシャンティイ」ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホイップクリーム
ほいっぷくりーむ
whipped cream

生クリームを乳化したもので、whip creamとも表記される。またクレーム・シャンティイcrme chantilly(フランス語)ともいう。洋菓子の飾りや、菓子の中身に詰めたりして、使用範囲は広い。作り方は、冷やしておいた生クリームをボウルに入れ、氷水を入れた大きめのボウルの上にこれをのせて生クリームを冷やしながら、絶えず攪拌(かくはん)して泡立てる。使用の目的によって、そのまま菓子の飾りにしたり、さらに固く泡立て、絞り出し器に入れて菓子の上に好みのデコレーションをする。[小林文子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のホイップクリームの言及

【クリーム】より

…コーヒーや料理用である。(2)ホイップクリーム 乳脂肪分40~45%の高脂肪製品である。ホイップ(泡立て)用で,洋菓子の製造に用いられる。…

【ケーキ】より

…絞出しは,絞出袋と種々の形と大きさの口金を用いてクリーム類などを絞り出し,線や形を作り出すもので,デコレーションケーキには欠かせない技術である。コーティングや絞出しに用いられるおもなクリーム類には,生クリームに砂糖を加えて泡立てたクレーム・シャンティイ(ホイップクリーム),バターに卵,砂糖を加えたバタークリーム,生クリームにチョコレートを溶かし混ぜたガナーシュ,それにウェディングケーキの装飾などに用いるグラス・ロアイヤル(粉砂糖と卵白にレモン汁か酒石酸を加えて練り混ぜたもの)などがある。洋菓子【辻 静雄】。…

※「ホイップクリーム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ホイップクリームの関連キーワードクリームソースクリームチーズ生クリームパンナコッタブラマンジェ生クリームの日クリームシャンティウィンナコーヒーイタリアンメレンゲザバイオーネ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ホイップクリームの関連情報