ホエー

百科事典マイペディア「ホエー」の解説

ホエー

乳清とも。全または脱脂乳に,または凝乳酵素レンニンなど)を加えて生じた凝固物(カード)を除いた残りの透明な黄緑色液体飼料のほか,乳糖ホエーチーズ,育児乳製品などの製造原料とする。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「ホエー」の解説

ホエー(whey)

《「ホエイ」とも》チーズを作るときに凝固した乳分を取り除いて残る透明な糖分とわずかのたんぱく質が含まれ、清涼飲料や製菓原料に利用する。乳清。ミルクホエー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典「ホエー」の解説

ホエー

 乳清,乳漿ともいう.乳からカゼインを除いた透明な液で,黄色で蛍光をもつ液.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典内のホエーの言及

【牛乳】より

…この凝固物をカードといい,その主成分は牛乳の主要タンパク質であるカゼインである。カードを除いた残りの液は透明な黄緑色を呈し,乳清またはホエーwheyといわれる。これには乳糖のほか,乳清タンパク質,無機質,水溶性ビタミンなどが含まれる。…

※「ホエー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android