コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホスファチジルイノシトール

栄養・生化学辞典の解説

ホスファチジルイノシトール


 リン脂質の一つ.近年リン酸エステル化されたホスファチジルイノシトールが,細胞内信号伝達物質において重要な機能を有していることが明らかになっている.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典内のホスファチジルイノシトールの言及

【リン脂質(燐脂質)】より

…ふつうのグリセロリン脂質ではリン酸にさらに多種のアルコール(コリン,セリン,エタノールアミン,グリセロール,イノシトールなど)がエステル結合している。高等動植物に最も多いグリセロリン脂質は,ホスファチジルコリン(PC)とホスファチジルエタノールアミン(PE)であり,つづいてホスファチジルセリン(PS),ホスファチジルイノシトール(PI),ジホスファチジルグリセロール(カルジオリピン)などがある。これらはいずれも生体膜の構成成分である。…

※「ホスファチジルイノシトール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ホスファチジルイノシトールの関連キーワードホスファチジルイノシトール3ジアシルグリセロール細胞内情報伝達機構ホスホリパーゼCホスホリパーゼリン(燐)脂質PI3キナーゼワートマンニンPI3K

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android