コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホソエンマムシ Niponius impressicollis

世界大百科事典 第2版の解説

ホソエンマムシ【Niponius impressicollis】

甲虫目ホソエンマムシ科の昆虫。衰弱した木や枯木に穿孔(せんこう)するキクイムシ類の天敵として知られる。体は黒色円筒形で触角と跗節(ふせつ)は赤褐色。前頭には前方へ突出する1対の角状の突起がある。胸の背面には1対のくぼみがあり,腹部の後方2節が上翅から裸出する。裸出した2節にはそれぞれ4個と2個のへこみがある。体長約5mm。北海道から九州までのほか,台湾にも分布する。成虫は5月ころから出現し,キクイムシ類などの孔道に潜りこみ,キクイムシ類を捕食する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ホソエンマムシの関連キーワード細閻魔虫

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android