ホッキョククジラ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホッキョククジラ
ほっきょくくじら / 北極鯨
bowhead
[学]Balaena mysticetus

哺乳(ほにゅう)綱クジラ目セミクジラ科のヒゲクジラ。グリーンランドクジラともよばれている。頭部は体長の3分の1を占め、上顎(じょうがく)は弓状に湾曲する。セミクジラに似ているが、頭部にボンネットやいぼ状隆起はない。全身黒色であり、下顎前部は白く、尾部の後部が白い個体も多く存在する。北緯55~78度の北極海とその近くの氷海でのみ生活し、オキアミ類と動物プランクトンの橈脚(とうきゃく)類を餌料(じりょう)としている。古代捕鯨とアメリカ式捕鯨により資源は極端に減少したが、ベーリング海系群は現在7500頭が存在し、アメリカとロシアの先住民族が、「先住民生存捕鯨」の名で捕獲を許されている。[大隅清治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のホッキョククジラの言及

【セミクジラ】より

…ヒゲクジラ亜目ホッキョククジラ科の哺乳類(イラスト)。セミクジラ科では7個の頸椎は全部融合している。…

※「ホッキョククジラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android