コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホッヘ Alfred Erich Hoche

世界大百科事典 第2版の解説

ホッヘ【Alfred Erich Hoche】

1864‐1943
ドイツの精神医学者。フライブルク大学教授で精神医学と神経病理学とを教えたが,詩人でもあった。クレペリンの疾患単位学説を症候群論(1912)の立場から批判し,将来いかに病理解剖学が進歩しても機能性精神障害は純粋の病型としては確立されえないと予言した。精神障害は,(1)生来性の前形成的症候群が誘発された機能性精神障害(内因精神病)と,(2)不規則な症候の組合せである病的反応型や性格傾向(心気症的,ヒステリー的,神経衰弱的など)とに二分されるという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ホッヘの関連キーワードレジスタンス文学太平洋戦争元治マキノ雅広エンゲルスワーグナー(Wilhelm Richard Wagner)イギリス映画フィンランド文学ロン=ティボー国際音楽コンクール第2次世界大戦

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android