コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホッラマーバード Khorramābād

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホッラマーバード
Khorramābād

イラン西部,ロレスターン州の州都ザグロス山脈中,フージスターン州からイラン高原へ抜ける主要道路が通じる。遊牧生活をおくるルル族の夏季の市場で,活気のあるバザールと,強固な城塞がある。町と川の間の山の背に,10世紀にクルド人首長によって建てられたデゼシーア (黒城) の廃虚が残っている。人口 24万 9258 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ホッラマーバード(Khorram Ābād)

イラン西部の都市。ロレスターン州の州都。ザグロス山脈の山中に位置する。名称は「ロルの土地」を意味し、遊牧民族のロル人が多く居住する。ササン朝ペルシア時代の城塞跡があることで知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android