コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホテイチク(布袋竹) ホテイチク Phyllostachys aurea var.aurea

2件 の用語解説(ホテイチク(布袋竹)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホテイチク(布袋竹)
ホテイチク
Phyllostachys aurea var.aurea

イネ科のタケ類。別名ゴサンチク。九州地方に野生のものもあるが,普通は栽培される。地下茎は水平に伸び,稈は高さ5~10m,直径2~7cm。マダケ (真竹) に似るが小型で,稈の下部は節間が狭くなり,奇形的にふくれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ホテイチク【ホテイチク(布袋竹) Phyllostachys bambusoides Sieb.et Zucc.var.aurea (Sieb.) Makino】

イネ科の中型のタケ。ゴサンチク(五三竹),コサンチク(虎竹)の名もある。九州,とりわけ鹿児島県や熊本県の山野に広く自生する。最大のものの直径4cm,高さ6m。稈(かん)の下方がつまってふくれ,布袋腹に似ている。これは俗に〈寄り節(よりぶし)〉とよばれ,これが稈の下方に3~4節あるのが良品とされている。分布は関東以南の各地。稈のしなりがよいので釣りざおに,また工芸品つくりに適し,生竹は庭に植えつけたり盆栽として観賞用とし,さらにたけのこは美味で食用とする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ホテイチク(布袋竹)の関連キーワード五三竹五三日十五三布袋竹五五三五三の桐七五三の膳葮竹たけのこ新潟県三条市三竹

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone