コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホテイチク(布袋竹) ホテイチクPhyllostachys aurea var.aurea

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホテイチク(布袋竹)
ホテイチク
Phyllostachys aurea var.aurea

イネ科のタケ類。別名ゴサンチク。九州地方に野生のものもあるが,普通は栽培される。地下茎は水平に伸び,は高さ5~10m,直径2~7cm。マダケ (真竹) に似るが小型で,稈の下部は節間が狭くなり,奇形的にふくれる。各節から2本の枝を出し,これがさらに分枝する。葉は披針形で先端がとがり基部は丸く,長さ 10cm,幅 1cm。小枝から細い円柱形の花穂が出る。花には鱗片3個,おしべ3本,花柱3本がある。タケノコは食用となり,皮は無毛で暗色斑がある。材は釣竿用として珍重される。和名は短い節間のふくれた形を布袋の腹に見立てたものといわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ホテイチク【ホテイチク(布袋竹) Phyllostachys bambusoides Sieb.et Zucc.var.aurea (Sieb.) Makino】

イネ科の中型のタケ。ゴサンチク(五三竹),コサンチク(虎竹)の名もある。九州,とりわけ鹿児島県や熊本県の山野に広く自生する。最大のものの直径4cm,高さ6m。稈(かん)の下方がつまってふくれ,布袋腹に似ている。これは俗に〈寄り節(よりぶし)〉とよばれ,これが稈の下方に3~4節あるのが良品とされている。分布は関東以南の各地。稈のしなりがよいので釣りざおに,また工芸品つくりに適し,生竹は庭に植えつけたり盆栽として観賞用とし,さらにたけのこは美味で食用とする。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ホテイチク(布袋竹)の関連キーワードイネ科虎竹

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android