真竹(読み)マダケ

  • 真竹 (マダケ・マタケ)

デジタル大辞泉の解説

《「またけ」とも》イネ科の竹。高さ約20メートル。は太く、環状突起が二つある。節からが2本出て、5、6枚のが手のひら状につく。夏に出る竹の子食用とし、やや苦味があり、平滑で黒い斑紋がある。茎を竹刀(しない)・尺八物差し建材に利用。中国の原産。にがたけ。からたけ。かわたけ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

またけとも
タケの一種。中国原産。古く渡来し、広く植栽され竹林をつくる。一定周期で一斉に開花し、竹林はほとんど枯れる。稈かんは高さ約18メートル、径約15センチメートルになり、節から二本ずつ枝が出る。葉は広披針形。筍たけのこは食用。竹の皮には暗色の斑がある。材は建築や細工物にする。苦竹にがたけ。呉竹くれたけ。幹竹からたけ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

学名:Phyllostachys bambusoides
植物。イネ科の竹,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (古く「またけ」とも) イネ科タケササ類の一つ。中国原産で、広く栽植される。稈(かん)は高さ二〇メートル、径一三センチメートルに達する。節には二輪があり、節間は長さ二五~五〇センチメートル。筍(たけのこ)の皮には暗い斑点がある。葉は長楕円状披針形で長さ六~一五センチメートル、小枝の先に掌状に三~六枚ずつつく。初夏、長い周期をおいて円柱状の花穂をつける。花穂はへら形の大きな苞を伴う。茎は細工物に、根茎はつえや印材に、筍は食用にする。漢名、苦竹。呉竹。〔日葡辞書(1603‐04)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

真竹の関連情報