コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真竹 マダケ

デジタル大辞泉の解説

ま‐だけ【真竹】

《「またけ」とも》イネ科。高さ約20メートル。茎は太く、節に環状の突起が二つある。節から枝が2本出て、5、6枚の葉が手のひら状につく。夏に出る竹の子を食用とし、やや苦味があり、皮は平滑で黒い斑紋がある。茎を竹刀(しない)・弓・尺八物差しや建材に利用。中国の原産。にがたけ。からたけ。かわたけ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まだけ【真竹】

〔「またけ」とも〕
タケの一種。中国原産。古く渡来し、広く植栽され竹林をつくる。一定周期で一斉に開花し、竹林はほとんど枯れる。稈かんは高さ約18メートル、径約15センチメートルになり、節から二本ずつ枝が出る。葉は広披針形。筍たけのこは食用。竹の皮には暗色の斑がある。材は建築や細工物にする。苦竹にがたけ。呉竹くれたけ。幹竹からたけ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

真竹 (マダケ・マタケ)

学名:Phyllostachys bambusoides
植物。イネ科の竹,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

真竹の関連キーワードホテイチク(布袋竹)日向(霧島・綾)竹刀なにわ竹工芸品ひたち竹人形ばっちょう笠漢竹・唐竹紀州へら竿勝山竹細工肥後三郎弓高山茶道具越前竹人形印旛竹細工雪村うちわタケ(竹)上州尺八大間々籠高島扇骨栃木の樽仙台釣竿美馬和傘

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

真竹の関連情報