コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マダケ

3件 の用語解説(マダケの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

マダケ

 [Phyllostachys reticulata].カヤツリグサ目イネ科マダケ属に属する.タケノコを食用にする.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

マダケ

イネ科のタケ。中国原産といわれ,本州以南の各地に広く栽植される。茎は直立し,高さ10〜20m,中空で径10cm内外,節はやや高く,各節から2本の枝を出す。葉は枝先に5〜6枚つき,披針形でモウソウチクより大きく,長さ8〜12cm,葉鞘の肩毛は長い。
→関連項目タケ(竹)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マダケ
まだけ / 真竹
[学]Phyllostachys bambusoides Sieb. et Zucc.

イネ科のタケ・ササ類。タケノコがやや苦味があるのでニガダケ(苦竹)ともいう。稈(かん)は高さ20メートル、径10センチメートルに達し、稈面は濃緑色で、節に隆起した2環がある。全体がハチクによく似るが、ハチクの稈面は帯白色または灰緑色である。タケノコの皮もハチクとは違い、平滑で、黒い斑紋(はんもん)がある。葉は広披針(こうひしん)形で長さ約10センチメートル、肩毛(かたげ)(葉鞘(ようしょう)の上縁の毛)は顕著で開出する。中国原産。名は、本物の竹の意味である。稈は粘り気と弾性が強く、用途が広い。
 マダケ属は地下茎は長く、稈は散開して立ち、丸い節間の一側が平坦(へいたん)または溝となり、枝は2本ずつ出て、花には3本の雄しべがある。マダケ、モウソウチク、ハチク、ホテイチクなどの種がある。[鈴木貞雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マダケの関連キーワードオーチャードグラスライムギ高麗芝大鷺淡竹稲亀虫たけのこハチクモロコシ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マダケの関連情報