マダケ(読み)まだけ

日本大百科全書(ニッポニカ)「マダケ」の解説

マダケ
まだけ / 真竹
[学] Phyllostachys bambusoides Sieb. et Zucc.

イネ科のタケ・ササ類。タケノコがやや苦味があるのでニガダケ(苦竹)ともいう。稈(かん)は高さ20メートル、径10センチメートルに達し、稈面は濃緑色で、節に隆起した2環がある。全体がハチクによく似るが、ハチクの稈面は帯白色または灰緑色である。タケノコの皮もハチクとは違い、平滑で、黒い斑紋(はんもん)がある。葉は広披針(こうひしん)形で長さ約10センチメートル、肩毛(かたげ)(葉鞘(ようしょう)の上縁の毛)は顕著で開出する。中国原産。名は、本物の竹の意味である。稈は粘り気と弾性が強く、用途が広い。

 マダケ属は地下茎は長く、稈は散開して立ち、丸い節間の一側が平坦(へいたん)または溝となり、枝は2本ずつ出て、花には3本の雄しべがある。マダケ、モウソウチク、ハチク、ホテイチクなどの種がある。

[鈴木貞雄]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典「マダケ」の解説

マダケ

 [Phyllostachys reticulata].カヤツリグサ目イネ科マダケ属に属する.タケノコを食用にする.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

百科事典マイペディア「マダケ」の解説

マダケ

イネ科のタケ。中国原産といわれ,本州以南の各地に広く栽植される。茎は直立し,高さ10〜20m,中空で径10cm内外,節はやや高く,各節から2本の枝を出す。葉は枝先に5〜6枚つき,披針形でモウソウチクより大きく,長さ8〜12cm,葉鞘の肩毛は長い。たけのこは5月下旬に出,皮には毛がなく,黒色の斑点がある。まれに開花して枯死。茎はかごなどの工芸品に適し,皮は版画用のバレンに使われる。たけのこは食用となるが,やや苦味があるためニガタケとも呼ばれる。園芸品種も多い。
→関連項目タケ(竹)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

侍ジャパン

国際野球試合における野球日本代表の愛称。SAMURAI JAPAN(サムライ・ジャパン)とも記される。国際野球連盟(IBAF)主催・公認の各種大会・試合に出場し、オリンピックでは1984年のロサンゼル...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android