コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マダケ(真竹) マダケPhyllostachys bambusoides

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マダケ(真竹)
マダケ
Phyllostachys bambusoides

イネ科タケササ類。ニガタケ (苦竹) ,クレタケ (呉竹) ともいう。中国南部からミャンマー方面にかけて自生または栽培される。大型のタケで,日本でも最も普通に栽培されている。高さ約 18m,直径 10cmほどになる。葉は長さ 10cm,幅 15mmぐらい。節は2つの高い輪があり,2本の枝を出す。小枝の先に5~6葉を掌状につける。皮はほとんど無毛で暗色の斑 (ふ) がある。材が堅固で,割りやすく曲げやすいため,細工物によく用いられ,また伸縮が少いので,ものさしや建築材など用途が広い。また,かつてエジソンにより白熱電球フィラメントに用いられたことは有名である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マダケ【マダケ(真竹) Phyllostachys bambusoides Sieb.et Zucc.】

イネ科タケ類のうち,用途の最も広いタケ。たけのこに苦みがあるので,ニガタケ(苦竹)ともいう。また鹿児島地方ではカラタケとも呼んでいる。なお,中国で苦竹と書くのはメダケ属のもので,マダケは剛竹と呼ぶ。 稈(かん)の最大の直径20cmぐらい,高さ20m。節の部分は2環状になる。葉はモウソウチクよりも大きく,肩毛が直角につく。竹の皮に暗褐色の大きな斑紋のあることが特徴である。一定の周期で開花するが,花はモウソウチクに似ておしべは3本。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のマダケ(真竹)の言及

【タケ(竹)】より

…この無性繁殖を永年繰り返しているうちにただ1回有性的生殖を行い,花を咲かせ,たいていは枯死する。日本に多いマダケ(イラスト)は,記録によると約120年を周期として全面的に一斉に開花し枯死する。しかし,開花してもマダケはほとんど種子ができない。…

※「マダケ(真竹)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マダケ(真竹)の関連キーワードホテイチク(布袋竹)タケ(竹)

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android