ホトル(英語表記)Horizontal Take-off and Landing; HOTOL

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホトル
Horizontal Take-off and Landing; HOTOL

21世紀の就航を目指して,イギリスのブリティッシュ・エアロスペース社とロールスロイス社が開発中の,完全再使用型・1段式・水平離着陸方式のスペースプレーン。全長 62m,最大胴体直径 7m,翼幅 28m,離陸時重量 25t,ペイロード約 7t。ホトルは液体水素を燃料とした空気液化サイクルエンジンとロケットエンジンを合体したハイブリッドエンジンで,飛行の初期段階では,空気を吸い込み,空気液化サイクルエンジンにより離陸・加速・上昇をする。離陸時は推進剤が満載されて重いので,脚を使わずに台車に乗って滑走し,速度が音速の5倍に達したところで,ロケットエンジンに切り替えて加速・上昇を続ける。軌道に 50時間滞在でき,この間に衛星の打ち出しなどを行なう。軌道離脱後,高度 100kmで大気圏に再突入し,高度 25kmからは滑空して滑走路に着陸する。無人運航であるが,安全性・信頼性が確認されれば商業飛行にも応用が可能である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android