コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホムス県 ホムスHoms

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホムス〔県〕
ホムス
Homs

シリア中央部にある,同国最大の県。アラビア語ではヒムシュ Ḥimṣ。海岸山脈と,レバノンの北部国境から,東方のイラク国境に及ぶ広大な地域を包含する。そのうち内陸の大部分はシリア砂漠であり,灌漑耕地は西のオロンテス川流域で,ここではコムギトウモロコシ,綿花,果物,野菜などが栽培される。ホムス湖には,1960年代初めに火力発電所が完成した。イラクのキルクーク油田から,レバノンのトリポリまでの石油パイプラインをはじめ,多数のパイプラインが通過している。ホムスパルミラ,ラスターンには,ローマ時代の遺跡がある。面積 4万2223km2。人口 120万9000(1992推計)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ホムス県の関連キーワードムハンマド・ナジ オタリディマシュク県

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ホムス県の関連情報